本文へスキップ

先人達の暮らしの知恵や技術・風習を現代に伝えます 

蔵の収蔵物を調査してきました

2012年05月31日 17:48

蔵に収蔵されていた民具

今日は、市内某所で蔵の収蔵物を調査してきました。
震災以降、「蔵が壊れたので古い道具を見てほしい」という要望が多く寄せられています。蔵や収蔵物の保存状況はまちまちですが、その多くが江戸時代末期・明治~戦後までの生活の様子がつまったタイムカプセルになっています。
今日伺った家は、その昔油販売を営んでいたそうで、屋号の刻印された生活道具や農具の数々が収蔵されていました。

伝承郷では、これらの民具をできる限り保存活用できるよう、資料の調査を実施しています。調査といっても、まずは内部の掃除から始まります、百年近いほこりをかぶった道具を1点1点状態を確認しながら取り出していきます。これらの民具について精査を行い、資料価値の高いものについて伝承郷で寄託を受けています。

民俗資料

ホーム




いわき市暮らしの伝承郷

〒970-8043
福島県いわき市中央台 県立いわき公園内

TEL 0246-29-2230 FAX 0246-29-2235

メールでのお問い合わせ