本文へスキップ

先人達の暮らしの知恵や技術・風習を現代に伝えます 

特別展「東北の仕事着コレクション」開催中です

2017年06月15日 16:18

東北の仕事着コレクション
7月2日まで開催中の特別展「東北の仕事着コレクション」は、福島県立博物館の移動展です。
「『仕事着』って地味なんじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。
作業用途から発展したであろう実用性・機能性の中から生まれた美しさ、手仕事としての刺繍の精緻さなど、それぞれ味わい深いものがあります。
「サキオリ(古布を裂いて織った布)」や「サシコ(刺し子)」など、さまざまな素材、技法の仕事着をご覧になって、「これを着てみたい!」とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。
開幕から半月ほどが経ちましたが、南会津の「南郷サシコ(復元)」、青森県津軽地方の「コギンキモノ」、山形県庄内地方の「アワセソデナシ」などが、刺繍や針仕事をなさる方に人気のようです。展示室でお気に入りの1点を見つけていただければと思います。
6月17日(土)13時30分からは、資料を所蔵する県立博物館の副主任学芸員・大里正樹さんによる「展示解説」があります。
皆さまのご来園をお待ちしております。

お知らせ

入園者数50万人達成しました。

2016年03月07日 14:10

Epson_0404_1.jpg

いつもご来園いただき誠にありがとうございます。
いわき市暮らしの伝承郷は、平成11年に開園し、今年17年目を迎える平成28年3月6日、入園者50万人を達成しました。
 50万人目の入園者は、いわき市平泉崎在住の大和田様となりました。大和田様には、当館館長より花束と記念品を贈呈いたしました。
 今後も益々のご利用をよろしくお願い申し上げます。

お知らせ

27年度伝承郷第3回企画展「たばこパッケージ展」開催中です。

2015年12月28日 16:24

DSC_7068.jpg
 平成27年度第3回企画展「たばこパッケージ展」が開幕しました(平成28年1月24日(日)まで)
遠藤邦夫氏より寄贈いただきました「たばこパッケージ」資料のうち、記念たばこ・観光たばこ等の約820点の資料を「オリンピック」「東北の祭」「福島の観光」などの9コーナーに分けて展示しました。
 ぜひ伝承郷へ足をお運びください。
 休園日は、毎週火曜日と12月29日(火)から1月1日(金)。火曜日が祝日の場合は、翌平日となります。

お知らせ

平成27年度第2回企画展「絵本・紙芝居と野村たかあき作品展」開催中です。

2015年08月05日 12:27


伝承郷第2回企画展「絵本・紙芝居と野村たかあき作品展」を開催しました。(9月27日(日)まで)

絵本・紙芝居は、子どもたちの心の成長に欠かせない文化です。子どもが読むのではなく、大人による絵本の読み聞かせは、ストーリー以外に愛情の伝達でもあります。また、紙芝居は小さな劇場になるのです。

 野村たかあき氏は、子どもの遊びや家族の絆をテーマに絵本・紙芝居作品を作り続けている作家です。今回は野村氏の作品のうち、絵本原画2作品32点、絵図鑑20点、版画32点が展示しています。

ぜひ伝承郷へ足をお運びください。
休園日は、毎週火曜日。火曜日が祝日の場合は翌平日となります。

お知らせ

平成27年度第1回企画展「伝統こけし展 - 弥次郎系 」開催中です!

2015年05月14日 10:22

DSC_4520-1.jpg   こけし展ポスター
DSC_4471.jpg

 先月、4月29日(水・祝)より、本年度第1回企画展「伝統こけし展示 - 弥次郎系 - 」を開催しています。
市民より寄贈された約3,000点の中から、いわき市内でも制作されている「弥次郎系」を中心に約400点のこけし・木地玩具を展示しております。(会期中、一部展示替えあり。前半:4月29日~5月11日 後半5月13日~29日)。
また、こけしの制作工程も写真で紹介しています。愛らしい表情のこけし達が展示室でお待ちしています。

お知らせ

ホーム 次ページ >




いわき市暮らしの伝承郷

〒970-8043
福島県いわき市中央台 県立いわき公園内

TEL 0246-29-2230 FAX 0246-29-2235

メールでのお問い合わせ