本文へスキップ

先人達の暮らしの知恵や技術・風習を現代に伝えます 

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

年中行事「神帰り」

2015年11月08日 10:40

柿のり1        柿のり2
                                    ↑柿のりです。

11月1日は、「神帰り」の日とされています。
10月に出雲の国(島根県)に行っていた神様が帰ってくる日で、柿のりや赤飯、お餅をお供えし、神様を迎えました。この日を「柿のりついたち」「神おろし」「神迎え」などともいいます。
 伝承郷では、11月1日から11月7日まで再現展示していました。

 ※柿のりの作り方:もち米を煎って石臼で挽いて粉にする。熟柿または干し柿のへたを取り、皮の付いたまま木鉢に入れ、粉と練り合わせる。一週間ねかせて香りが良くなったら出来上がり。 
スポンサーサイト

伝承郷行事

ホーム




いわき市暮らしの伝承郷

〒970-8043
福島県いわき市中央台 県立いわき公園内

TEL 0246-29-2230 FAX 0246-29-2235

メールでのお問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。